So-net無料ブログ作成
検索選択
フランス ブログトップ
前の10件 | -

パリのヴァカンスのフランス語ノート 紹介 [フランス]

今日は最近買った本について。

以前に「パリの幼稚園フランス語ノート」という本の紹介をさせてもらいましたが、
今回第2弾!

「パリのヴァカンスのフランス語ノート」

が発売されました。

本当はもう少し前に発売されたのですが、今年はなんだかんだとバタバタしていて、
どうしてもAmazon.co.jpに行けなかったのです。(ポチッとすればいいのに)
やっと先日手にして、まだ大事に置いてあります(涙)
なんだか気持ちがせいて(出産の準備で)、落ち着いて目を通せないのです。
読もう!今なら読める!と思う瞬間もありますが、なんだかちゃんと読んでちゃんと
浸りたいと思ったらパラパラとやっては、飾ってしまいます。
もうこれは入院中に読むしかないな!
嗚呼、今回は母子同室の病院だった・・・そんな暇なさそうだなあ。。

少し見た感じでは前回よりフランス語の量が多い気がします。
年5回あるヴァカンスの過ごし方などをフランス語と共に紹介されています。
いいなあ。
今年の夏は子ども達をどこにも連れて行ってやれない。
家族が増える!という一大イベントがありますが、どうかそれが無事に済んで
みんなが一緒に暑い夏を乗り切れますように☆
今年の?冬のヴァカンスは、「実家」(笑)
目立ったアクティヴィティはないけど、何もしないことは出来ます。
来年の春こそは家族で楽しみたいです。

皆さま、ご覧下さい!
今年はこの本でヴァカンスに行った気分になります!

パリのヴァカンスのフランス語ノート






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

パリの幼稚園のフランス語ノート って本の紹介 [フランス]

タイトルながーーー!!(私の)

めんくんが「かわいいHP見つけたよ」と言って教えてくれたHPの中で、
まだbébéだったアリアちゃんに出会ったのは今から6〜7年前のこと。
写真中心のHPだったけど、それからブログに変わったりして現在に至る
カメラと一緒にパリでお散歩*
というブログ。

パパさんはカメラマン(だと思う)でママさんは物書きのお仕事をされていて、現在パリで
生活しているご家族のブログなんだけど、このたび、ママさんが本を出されました。
アリアちゃんという娘さんの幼稚園での12ヶ月をフランス語(単語中心)とともに記した
一冊で、フランス語初心者には取っ付きやすい一冊だと思います。
UTAHAが通う保育園ではありえない様なカラフルでおしゃれな幼稚園生活がこの一冊に(笑)
年長組のパーティでは
「塩バターのガトー・オ・ショコラ」(gâteau au chocolat au beurre salé)
を作って食べたりするんだよ!!
このまえUTAHAに今日のおやつは?って聞いたら
「小さいおにぎり!」
って言ってたし!!
おにぎり!?
園児がっかりやん。
ちなみに今日はシュークリームだったそう。・・・普通(でよかった)やん。

よかったらご覧あれ。


パリの幼稚園のフランス語ノート

パリの幼稚園のフランス語ノート




ちなみに我が家の子らです。
あんたたち!ジャポネズすぎやしませんか?
MINATOのパジャマの星は暗闇で光ります。
nishimatsuyaで購入(生地の薄さはご愛嬌)
P5310866.JPG

フランスに想いを馳せたっていいじゃないか。

nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

まさか!アナタが!! [フランス]

お寒うございます。
昨日の朝4時に暴風と雷の音、光に驚いて起きた私。
夜、ご近所の友達から「あの干し柿もう食べられるき」という
メールをもらっていたにも関わらず、明日入れようと放置。
11月に頂いて干して大事に育てていた干し柿たちだった。

目が開いた瞬間に子どもたち(干し柿5組10個)を思い出す。

ほっとけない!!(みの風に)

窓際まで走って行き、おそるおそる開けた窓の外の網戸は既にベタベタ。
ということは!!と上を見上げると、子どもたちが暴風でぶら〜んぶら〜ん!!

やってもーたー!!(泣)

今まで雨に濡れないように(カビ対策)雨よけビニールを付けたり、
少しの雨でも軒に大事にしまったりして手塩にかけて育ててきた。
最初、守り方が分からずに一個ずつビニールでくるんでいたところ(ぶどうみたいに)
風通しは確保してやらないと逆にかびるとの助言を受け、
子育てと同じで過保護はいかんのだ!!柿育てカツオママ育ち」
と悟りを開いて悦に入っていたのに、最後は私の放置によって、

雨ざらしと相成りました〜

まだ間にあう!と全部を一気に取ろうとした私。
だって暴風雨だったんだもの。みつを。(みつをは「だって」とか言い訳しないし)
一本の糸が、正確に言うと柿の軸が急な動きに耐えられなかったようで切れた。
どん!どん!鈍い音がベランダに響く。

私のかわいい柿が〜〜〜〜!
一つは近くにあったので救出成功。でも後一つが何度か探したけど見つからない。
懐中電灯まで持ち出して暴風雨にさらされながら探したけど見つからない。
私の中の陽水が「まだまだ探す気ですか?それより僕と踊りませんか?」
と誘うので、暴風雨に負けて夢の中へ行ってみることにして、一つ柿を置き去りに
して寝た。

それにしても、手塩にかけるとはなんぞや。
正直私は動物を飼うこともあまり好きではないし、花、植物、まあだいたい
なんでも駄目にする。
唯一、口に入るものだけは育てられるということが近年の発見。
実は今回本当に最後の一つを探し出してやれなかったことを後悔して
ちょっと眠れなかった。もちろんもったいないと言う気持ちもあったが、
それだけではない。
自分の娘を探し出してやれなかったようなそんなせつない気持ちが芽生えた。
ちょっと本気でせつなくなってきて、めんくんとUTAHAにくっついて寝ようか
と二人を見たところ、この暴風雷(激しい光有り)雨にびくともせず眠る二人。

鈍!ドン!!にぶい!!!

今年のめん家一文字で清水のお坊さんに書いてほしいよ。
ちょっとバカらしくなって速攻寝た。
めんくんは昨日職場で「凄かったねー」みたいな話をみんながしていたけど、
全く気づかずに寝ていたことを恥ずかしくて言い出せなかったらしい。
職場の皆さん。彼は口数が少ない方ですが、もしかしたら「言い出せない」
だけなのかもしれません。是非つっこんでみてください。

で、本題は全く柿とは関係ない話で(笑)
私は今から1年半前くらいにある建設会社が建てた家の見学会に行った。
そこでちょっと話が盛り上がったのがきっかけで、本当はスタンプラリーを
した人だけもらえるドライフラワーのアレンジを頂いた。
本当にそのアレンジが気に入って
「いつかこの方にお花が頼めたらいいな。」
と思い、アレンジを包んであったビニールに貼ってあったお店のシールを
大事に残してあった。
もちろんアレンジも。

それから時が過ぎ、私の管理が悪くてほんの数ヶ月前、部屋の模様替えを
した時にさようならしていた。(忘れてました。Yさんすいません、帰ったらなかった・・・)
シールもどこかにいってしまって、お店がどこか分からなかった。

さて、今年の5月から通い始めたフランス語教室
生徒は現在10人。
その中にお花屋さんがいらっしゃる。
現在、実店舗を持たれずにフリーで活動されている。
どんなお花を作られるんだろうと以前から凄く気になっていたが、
何となく聞き出せずにいた。
昨日はその方ともう一人県外からご主人の仕事の都合で引っ越して来られた方と
3人で久しぶりにカフェに行った。

そこで思い切ってブログとかないですか?と聞いてみたところ
カードをくださった。
それを見た瞬間に思わず「私、知ってる!!」と叫んでしまった。
なんと、彼女は私が気に入って気になっていたアレンジを作った
fleuriste(フルリスト)だった。なんかお花屋さんって呼ぶのより
彼女はフルリストのがあっている。

活動名は「terre(テール)」
またおもしろいことに授業でterreという単語を覚えたばかりだった。
すべて大文字で書くと地球と言う意味になるらしいが、こちらのterreは
「土」言う意味らしい。
是非、HPやブログをご覧頂きたい。
http://www.terre.jp/

頂いたカードもご覧ください。ワタシ的にビンゴすぎて泣きそうです。
PC060652.jpg

ちなみに「家に飾ってたんだよ!!」の証拠写真を腐るボドのデータから探しましたが、
これしか見つからなかった。2007年12月31日。
時計の上に置いてある。
ちなみに部屋が汚いわ全部丸見えだわで恥ずかしいけど、恥を忍んでアップします。
あれ、アップできん。

まさかまさかのご縁に驚かされた一日だった。
共通の話題なんてそんなにないのに、3人で凄く盛り上がった。
県外から来られている方も友達になれて本当に嬉しいと何度も言ってくれて
私も嬉しかった。
なんだかわくわくして目が冴える。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

興奮 [フランス]

ちょっと興奮して眠れない。明日は岡山行きなのに。

昨日はめんくんの職場で引っ越しをした方のお宅へ、引っ越しパーティに
およばれしていた。
午前中は市内の保育園の運動会に参加させてもらって、うたもダッシュしてきた
のに、なぜか昼寝もしないでノンストップで遊び続けた。

本日めんくんの休日☆素晴らしい!家族で遅寝できるなんて素敵☆いつぶりだろう。
とはいえ、全員が8時過ぎには起きてきたので適当に朝食をとり、ぐだぐだ。
お昼からはめんくんの実家の神祭を見に、めん実家へ。
結構はやってる『たも屋』といううどん屋さんに行くも大行列。
が、ラッキーで駐車場がひょこっと開いたりしてすぐお昼ご飯にありつけた。

たも屋
http://www.tamoya.com/

以前に別のお店で食べた時はおいしいけどう〜んという感じだったけど、
今回は「おいしい」と素直に思った。
難しい。茹で加減。

そして、興奮している一番の原因。
今日は外国からのお客様を連れて、めんくんの職場の家族がめん実家のお祭りを見に
わざわざ来てくださった。
オーストラリア人のマダムはフランス語が堪能!

きゃっほう☆

フランス語をはなせる人と会える機会なんて滅多にない!
めんくんが今朝、
「マダムは日本語の先生だから日本語はなせるよ。でもフランス語も
ドイツ語も堪能らしい」

マジすか!?

朝からグダグダしながらも、ちょっと教科書など確認してみる小心者。
今更焦ったってしょうがない。なんとかなるわよ。
フランス人がちょっと英語できるよ〜と同じくらいだって!と自分を励まして
出かけた。

めん実家の神祭では、天狗のお面をかぶった人たちが先頭に立って
たくさんのいろんな人が(役によって衣装が違う)天狗の長を守って?歩く。
あー内容はいまいち分からないが、もちろん御神輿もいるけど、
その天狗の長が通り過ぎるまではしゃがんで待たなくてはならない。
道を横切ってはいけないし、立ち上がってもいけない。
・・・マダム、横切って怒られた。
しかも
「ちょっと怖かった・・・」
って言ってました。日本語で。
UTAHAは当然号泣。

上司ご夫妻とマダムとは一旦さよならして、また夜、ご夫妻宅にお邪魔する
ことに。
本日のパーティはジャパニーズスタイルで、お好み焼きパーティ。
上司の奥様から
「カツオママちゃん、マダムにソースのかけ方教えちゃってや!!」
と気合いの指示がはいる。

どきどき。緊張がピークに達したのでとりあえずめんくんに
英語で説明を促す。
笑顔でソースを返されたので仕方なく、話しかけることに。
母国語が英語なのに「Bonjour!」はおかしいだろう?
しかも昼間会ってるし。・・・日本語で近づくか。ふぅ。

そしたら、めんくんが
「彼女フランス語勉強してるんですよ」
とか英語で説明してやがる!
こんな時だけ英語の引き出し開けるなんて卑怯だ!!!
そしたら驚くべき声がキッチンから・・・。

「あ、そうそうカツオママちゃん。マダムはフランス語の先生ながよ!」

マジすか!?

日本語の先生言うたやつ誰じゃ〜〜〜〜!!!
あいつだけは!あのいい加減だけは〜!許さん!
どおりでフランス語とってもきれいだと思った。

すっごいフラ語らしいフラ語が飛び出してきて、ジェスチャーでギブアップ
したら、
「じゃあどれくらいできますか」(←流暢な日本語)
と聞かれたのでとりあえず自己紹介。あと家族紹介。
めんくんとUTAHAがいてくれてよかった〜。
自分の紹介なんてたかが知れてる。

そのあともマダムの横にじんどり、流暢な日本語で会話。
でも途中で理解できるようなフランス語を入れてくださったり、
英語が入ったりでもうなんだか頭の中がぐちゃぐちゃ。
マダムもそうおっしゃったが、彼女のぐちゃぐちゃと私のぐちゃぐちゃは
違う。
どれも通じなくなるとめんくんを引っ張り出して通訳に使う。
この人たちの会話は私にはチンプンカンプンなので、バカみたいに口を
開けて聞いていると本当に情けなくなってくる。

マダムがフランス語の先生と知っていたならば、それなりの準備をして
行ったのに!
しかし、やっぱりいつでも勉強していないといけないし、いつも本気でないと
チャンスを逃すなあと、反省した一日だった。

明日は陶芸をしに行かれるそうだ。私たちも誘っていただいたが、岡山にめんくんが
仕事?しに行くので、ついて行くことにしている。
残念だが、絶対次に会うことができればもう少し、フランス語で話がしたい。

さーーー興奮していて眠れそうにないけど、明日は早起きしてお弁当つくるので
寝よう。明日も楽しみ〜〜〜〜☆

写真追加10/16

こんな天狗がいっぱい
PA124899.jpg
天狗の長 写真中央
PA124902.jpg

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

初級最終日 [フランス]

今日、フランス語初級講座が最終日を迎えた。

私が通っているところは語学教室のフランス語部門とかではなく、
地元新聞社の関連会社が主催する文化教室で、春からの前期、秋からの
後期と分かれていて、春からの前期が終了する形。
続けるのは任意だが、クラスのほとんどが継続する模様。

今日は最終日とあって、半分授業をして半分はpetite fête(ちょっとしたパーティ)。
先生が、ワインとフランスから小麦粉を取り寄せて作っているパン屋さんのバゲット
とかカンパーニュ、色んなチーズに枝付き干しぶどうを買ってきてくれてのパーティ。

ワインがあると先週聞いていたので、今日は高知にきて初めてバスを使うことに
した。バスに乗るのは何年ぶりかで、しかもどこで降りたらいいのかも分からずに
乗ってみた。
生憎、私は極度の緊張体質で疑り深いので、家の近くをバスが通っているのを
知ってはいたものの
「きっとこの本数じゃ15分くらい遅れてきたり早く来たりするはず!」
(県交通ごめん)と疑って、きちんと15分前にバス停に到着。
めんくんから
「230円やから」
とだけ聞いていたので、家を出る前に230円あるかチェック!←びびり
しかもバスは時間通りに到着。
そして結局降りることになったバス停の5つくらい前から、
左手に整理券、右手に230円を握りしめ、集合写真の校長先生みたいに
膝にグーをおいて、前傾姿勢でどこで降りようか迷っていた。
はじめてのおつかいの子どもの方がよっぽどしっかりしている。

幸い降りたところは間違っていなかったものの、大切なレッスンバッグを
置き忘れそうになり、慌てた。
カツオママ、ブランクのあるバス乗り、終了。
ちなみに帰りはバスを間違えた。帰れたけど。

今日飲んだワインはめん家もよく使う箱形タイプのもので、3ℓ(4本分くらい)
入ってるけどかなりお得なもの。
実はめん家がこれを利用する理由は別にもあって、資源ゴミの日にビンを何本も抱えて
ご近所さんが見守る(当番の方が必ずいらっしゃる)中、捨てねばならないのが
恥ずかしいから。

☆今日飲んだり食べたりしたもの☆


安いわ〜トレビア〜ン

先生が買ってきてくれたのはもうちょっといいやつだったけど、
家で飲んでるのはもうちょっと安い(笑)
エコだから、色んな人にオススメしたい。
少しだけ飲みたい時にいいと思うが、飲み過ぎの時には1本分で終わらない
恐ろしさ。あと、どれだけ飲んでるかは箱の重さでいい加減に確認。
まだそんなに飲んでない、という主観がかなり入る。

今日食べたバゲットを作っているパン屋さん「Orange
http://www33.atwiki.jp/orange-8/pages/48.html
お兄さんがかっこいい(先生談)思わず買ってしまうらしい。
こだわりのものはやっぱおいしい。

今日食べた、チーズや枝付き干しぶどう、ワインは「鬼田酒店」
http://www.e-sake.ne.jp/
品揃えがいいらしい

あ〜遅いけど、もう少し飲もうかな〜。

☆今日の一言の代わりに旅行のとき使える単語
Café au laitはメニューに「Café crème」カフェクレムと表記されている
「un (café) crème s'll vous plaît」アン(カフェ)クレム シルヴプレ
s'll vous plaît=お願いします
ちなみに単なる「Café」はエスプレッソのことで、いわゆるアメリカン
ブレンドはメニューにないことがほとんどなので濃いのはちょっとという時は
「Café allongé」と注文すれば出してもらえる。アロンジェは引き伸ばすという
意味で、その名の通りエスプレッソをお湯で割って出してくれる(笑)微妙。
「un (café) allongé s'll vous plaît」アナロンジェ シルヴプレ




Les Champs-Elysées [フランス]

寝てしまったって話も飽きた。でも昨日も寝てしまった。

早速本題に。
タイトルの「Les Champs-Elysées」日本ではオーシャンゼリゼ。
フランス語教室の課題で「Les Champs-Elyséesを歌う」ことになって
いて(いたけど、いつの間に歌わなくなった)いつも授業の初めに歌うので
必死で覚えた。

フランス語で書かれた歌詞を見ると、サビの部分
『オーシャンゼリゼ〜オーシャンゼリゼ〜」は
「Aux Champs-Elysées, aux Champs-Elysées」となっている。

「Aux」は à+les の縮約系。
àは前置詞(場所、手段、時、用途は沢山)で、〜で、とか〜にとか。
lesは複数形男性名詞の定冠詞。
なんでシャンゼリゼ大通りが男性名詞で複数形なのかは考えない方がいい。

ということは、オーシャンゼリゼの「オー」は感嘆の「Oh!」とは違うでは
ないか!!
ボナパルトさんが凱旋した時に「おーー!」って言って帰って来た図が私の
頭の中にはあった。
それでオーシャンゼリゼなんかと思っていた。
本当は
「シャンゼリゼには、シャンゼリゼには・・・略
欲しいものは全部あるよ シャンゼリゼには」
という感じ。
へぇ。

さらに知らなかった事実。
ナポレオン・ボナパルトはこのエトワール凱旋門を生きているうちには
通れなかったらしい。え?常識?
改めて学んでみないとわからない。改めて。
世界史でやったんだろうなあ・・・知らないなあ〜

この歌、日本語の歌詞では
「街で出会った君に声をかけて、君を連れてみんなが集まる
クラブに行って、朝まで踊り明かしたら、昨日まで他人だったけど
今日から恋人さ〜」
みたいな感じ。ナンパだ。
これがフランス語に変わったらこうなる。
「シャンゼリゼをふらついてた僕が知らない人に心を開いて
ボンジュールと言いたかった。それは君。(やっぱりナンパ)
君は『おかしな人たちと会う約束があるの。一晩中ギターを片手に
暮らしているおかしな人たち』といった。
僕は君に付いて行った。
夕ベの二人は知らない同士、今朝の二人はシャンゼリゼで恋人同士」
だいぶ省略しているが、二つの違いは
「男が連れて行くか、女が連れて行くか」
の違い。
ナンパな歌に変わりはない。
音楽の先生の軽快なピアノに合わせて軽やかに歌った記憶がある
けど、その通り、軽い歌なのである。

余談だが、私たちが新婚旅行でいた数日間、一度もシャンゼリゼ通りを
歩かなかった。
凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場にももちろん行ったし、
シャンゼリゼ通りでつながっているコンコルド広場にも行った。確か。
でもメインストリート行ってないよ〜。
合い言葉は
「用、ないよね」

日程だけ決めて行ったので全くのフリー。
「まあ初めてやし、有名どころ行っとこうか」
と言ってだいたいのところは見て回ったはずなのに。
シャンゼリゼの勝手な印象として、東京の有名な通りとかと
大して変わらないのかなと思って。
オシャレなカフェと有名ブランド店がズラー。

「用、ないよね」(ナンパな感じだし)

でもちょっと行っておけば良かったと今更後悔。
しかも大きい声では言えないが、
「ちょっと気後れすんねん。田舎モンやし」
が本音。
・・・次は行けたら行こう。

今日の一言
le typhon est déjà passé.
台風が過ぎ去りました。
えー台風は拍子抜けだったけど、今凄い雨と風と雷なんですけどー。

私の知る限り、最強の雨男「父・オサム」が明日来高するからに違いない。
私たちの結婚式で「お父さんは挨拶しなくてもいいのか」というので
「新婦の父は普通しないよ」と教えてやったら「せっかく考えたのに」
と拗ねるので聞いてやったら「えーお足もとの悪い中〜」で始まっていたのには
びっくり。自他ともに認める雨男。

毎日すること [フランス]

また金曜日。←嫌なのか?
一週間前のフランス語教室がほんの4日前くらいに感じる。

以前の日記にも書いたように、毎晩娘の寝かしつけと同時に
自分が寝かしつけられている(誰に?)私に、毎日机に向かって
勉強などできるわけもなく、でも毎日フランス語に触れていこうと
はじめたことがいくつかある。

一つ目。
いつも授業が始まると、その日隣に座った人と質問と応答の練習を
する。
名前、住んでいるところ、天気、時間、誕生日などなど。
その中で、その日によって変わるもの、時間と天気が練習していないと
なかなか臨機応変にできなくていつも「あわあわ」してしまう。
なので、自宅の時計をこんな風にカスタマイズ

resize1458.jpg

めんくんにシールを貼りたいといったら、面倒だからマジックで書けばというの
でこうなった。自分に仕事が回ってくることを厄介がっての発言。
でも結果オーライ。
遠くから見たら字が見えないので、時間を見るたびに自分に
「Il est quelle heure?」何時ですか
と聞いて自分で
「Il est 11 heure et demie」11時半です
と答える。こうすれば日に何回か時間と数字の練習ができる。

もうひとつは起きたとき、日中天気が変わったときに今日の天気の
質問を自分にし、また答える。
天気は言い方がいっぱいあるので、微妙なところも答えられるように
したい。

あとは食器を洗っているときに、挨拶の練習を一人二役でやったりもする。

もうひとつやりたいことがあって、これは先生に勧められたのに手をつけて
いないこと。
手帳へのスケジュールの書き込みをフランス語ですること。
残念ながらカツオママ主婦のため、手帳を持つほど予定が無い・・・。
カレンダーで充分。
もっといっぱい書き込めるカレンダーがあればいいのに。

先生に教えてもらったよく使う書き込み集。
*traviller de 8h à 15h 8時から15時まで働く
*rendez-vous à 3h  3時に約束
*acheter un cadeau pour Utaha うたはにプレゼントを買う
*Café à 10h  10時にカフェ

カフェで待ち合わせのシャレた約束なんかない。

今日の一言
On fait la petite fête ce week-end? 週末にちょっとしたパーティでもしない?
(week-end=la fin de la semaine であるが、week-endを使うことが多いのだそう。)

ヴチュ [フランス]

今日はめんくんの実家でもらってきた鰹のたたきのにんにく
のおかげか、UTAHAと一緒に眠ることなく家事も済ませた。
ちょっと興奮気味。
いろいろやっていたせいで、もうすぐ日付が変わってしまう。

約1ヶ月ぶりにフランス語教室も全員がそろって、先週と
打って変わって活気があった。
それもそのはず、みなさんそれぞれ豪華なvacanceを楽しんで
おられた。
ある方はパリへ。リュクサンブール公園を毎朝散歩されたんだそうな。
私の言い方にトゲがある。
でも羨ましい。
私は猛暑の中、実家で散歩もできずに裸で走り回るUTAHAを追いかけて
いた。なのに3キロも太った。

涼しい8月をもう一度体験できるのは何年後、いや何十年後になるんだろうか。
南仏はきちんとした夏だったが、あのパリの涼しさには驚いた。
遠きヨーロッパに思いを馳せながら、今から飲もうか迷っているカツオママ。

本日は、砕けた話し方と丁寧な話し方について。

フランス語で英語の「you」にあたる単語は二通りある。
「tu」と「vous」チュとヴ
tuは家族や親しい友人に向けて使い、vousは初対面の人や目上の人など
に使う。
私たちの教科書には今のところtuが中心に出てきていて、
「もしフランス人と話す機会があったらvous習っとかなくて
大丈夫?!」
などと余計な心配をしていたが、話す機会などない。全くない。
いや、実は一度あったけど喋れたもんじゃない。

フランス語の動詞の活用は主語によって原型からの変化が激しい。
例えば「行く」という単語「aller」アレは
je vais 私は
tu vas  君は
il va   彼は
elle va  彼女は
nous allons  私たちは
vous allez   あなたは

とまあこんな風に原型の陰も形もなく変わる。
あと恐ろしいことに原型を知らないと辞書が引けない。
活用は載っていない。
この単語のように不規則なものに関しては初級の辞書には
載っているが、その他ほとんどの動詞は原型を想像しなければ
辞書が引けない。
まあ規則があるので、慣れてきたらたいした問題ではないのかも
しれないが、今の私にはたいした問題なのである。

話を戻して。
日本人が丁寧語から俗にいうタメ口に移行する過程は結構曖昧で
例えば「えーそうなんですか?」って言っていたのにある瞬間から
「え!マジで!?」に変わったらタメ口の始まり。
暗黙の了解で相手もちょっとずつ崩して喋ってきたりする。

しかし、面白いことにフランス人は仲良くなってきたところを
見計らって、「私は今からvousではなくtuでお話しようと思う
んだけど」と提案するらしい。
受け入れられたらその日から「tu」で話す。
私もたまに「えー敬語じゃなくていいですよ〜」なんて
言ったりするが、「私今からタメ口で喋ります!」と宣言したことは
ない。
面白そうだからちょっと言ってみようか。

今日の一言 
今週は特に新しいものを習ってないけど、「来週にね!」
という言い方を一つ。

à la semaine prochaine! ア ラ スメヌ ポーシェンヌ


辞書 [フランス]

3週間ぶりのフランス語教室
昨日は昼間遊びに行った友人宅で予習をさせてもらう
くらい焦っていた。

最近UTAHAの寝かしつけをすると決まってそのまま
眠ってしまって、ぜんぜん起きられない。
また朝まで眠れればいいものの、だいたい11時半とか1時
とかに目が覚める。
起き出して勉強するには気合いがいる時間だ。
休みに入った2週間は「休んでやる!」と思って、(とかいいつつ
実家にまでテキスト持って行ったけど)あんまりやる気はなかった
が、さすがに今日までの一週間は予習復習をやって行かなければ
と思っていた。
にもかかわらずこの有様。
眠い。

できなかった自分を悔やみながら、教室へ。
驚くことに11人いるうちの5人しか出席してなかった。
どんどん自分にあたるんですけど。
自信のないときほどあたるんですけど。
必殺数字マスターをさぼっているせいで数字もすらっと
出てこない。

今日はなんとか1時間半を乗り切った。
絶対来週は取り返す!

さて、フランス語辞書。
めんくんが大学時代、第2外国語をフランス語にしていた
ので、辞書はそれをもらおうかなと思っていたが、
めんくんが
「辞書は改訂された新しい物を使った方がいい」
というので、一冊買った。
白水社のPASSEPORTという初心者向け辞書を、先生の
ご好意で安く手に入れた。

私は結構いい加減だが、本のカバーとか辞書の箱をきれいに
とっておくタイプで、今回も新しい辞書にはビニールのカバーと
外装の箱がきれいに残っていた。

それを見てめんくんが
「辞書って言うのは分からん時にすぐに使える状態にして
おかないかん。俺は買ったらすぐにビニールと箱は捨てる!」
というではないか。

・・・別に汚れてからでええんちゃう?
そんなとこで豪快さアピールせんでええんちゃう?

それにめんくんの辞書は左手だけでパラパラ引けるように
(勉強時間を短縮するため?)ちょっと丸まっている、
みたいなことも興奮して言っていた。

落ち着いて引いたらええんちゃう?

そんなこんなで当初は小バカにしていた私も、休み中に
「そういえば語学を良く勉強している人の辞書は汚い!」と
いう結論に達し、昨日の朝豪快にビニールをやぶり、箱を捨てた。
木曜日のゴミ出しに出してやったぜ。
基本は形から。

本当はこの辞書、たまに出てくる難しい単語が載ってなかったり
するのが難点なのだが、本当の意味でこの辞書では物足りなくなる
まで頑張るのが、私の当面の目標である。
道ながーーーーーー

ということで今日覚えた文章を少し。
Il fait de plus en plus frais le soir et le matin.
朝晩だんだん涼しくなってきました。

必殺数字マスター [フランス]

ブログを休暇にしたつもりはないが先週日記を書いてからもう一週間。

別にフランスに住んでいるわけではないし、そんなに詳しいわけでも
ないので、どうやってこのフランスのカテゴリを使おうと思っていた
けど、この足かせのおかげでなんとか週1でブログが続いている奇跡。

フランス語教室が始まって、まずABCを習い、挨拶やなんかの次に
出てきたのが数字。
un(e) deux trois アン ドゥ トワ
また話が横道にそれそうだが、学生時代からこのカタカナ表記は
良くないと言われてきた。しかし、私は英語の教科書にしっかり
カタカナで読み方をふっていた。
私の敗因の一つかもしれない。
今度こそはとフランス語を勉強し始めてから極力カタカナ表記を
しないようにしている。

YAWARAの富士子さんやNHKおかさんといっしょのまゆお姉さんは
「ア〜ン、ド〜ゥ、トロワ〜」と言うが違う。
トロワ。私もトロワだと思っていた。
この「R」の発音
「カラでうがいをするような音」と習ったが、なかなか単語の中に
出てくると発音できない。
恥ずかしがらずにフランス人になりきることが課題。

基本だが「発音の規則」をしっかり覚えるとカタカナ表記を
しなくて済む。
それをしっかり教えてくれよ!!と当時の英語の先生に言いたい。
お得意の「人のせい」である。

フランス語の発音の規則は英語と違ってあまり不規則でないため、
覚えやすい。
まあ、完璧に覚えたわけではないのでもう一度復習要。

私たちの先生は県内の大学でフランス語の講師をされているので、
1回生が4月から使っているテキストと同じものを使って文法も
しっかり教えてくださる。
数字も1〜100までしっかり覚える。
今は10000(dix mille)の位までやった。

授業中にも結構数字を使うことが多いので、なんとかして覚えられ
ないかとめんくんに相談。
彼はエクセルが好きなので、ちょちょいと問題を作ってくれた。

名付けて『必殺数字マスター』何を殺す気なのか。
命名は私。

ボタン1つで自動的に10問作題される。
数字を入力して答えボタンをクリックすると答えがポン。

一日最低1回を目標に毎日やった結果、1〜100までを覚えた。
でも数字ビンゴゲームで優勝して、フランス土産のジャムをもらった
瞬間、必殺数字マスターを与えられた時の感動は忘れて、役に立ったと
練習をやめてしまった。
ビンゴは運ですから・・・
私のこの怠け癖を殺したい。

来週からまた授業が始まる。そろそろvacancesもおしまい。
前の10件 | - フランス ブログトップ
メッセージを送る
無料WEBツール広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。